過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20837問」を出題

問題

[ 設定等 ]
土留め支保工の計測管理の結果、土留めの安全に支障が生じることが予測された場合に、採用した対策に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
土留め壁の応力度が許容値を超えると予測されたので、切ばり、腹起しの段数を増やした。
   2 .
盤ぶくれに対する安定性が不足すると予測されたので、掘削底面下の地盤改良により不透水層の層厚を増加させた。
   3 .
ボイリングに対する安定性が不足すると予測されたので、背面側の地下水位を低下させた。
   4 .
ヒービングに対する安定性が不足すると予測されたので、背面地盤に盛土をした。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
1、設問の通り。
土留め壁・支保工の変形防止対策として
・切ばりにプレロードを導入する
・切ばり、腹起しの段数を増やす
・切ばり、腹起しの剛性を高める
などがあげられます。

2、設問の通り。
盤ぶくれとは、砂質層と粘土層が相互になっている地盤において、掘削時に粘土層の掘削底面が地下水の揚圧力により持ち上げられて破壊する現象です。
盤ぶくれ防止対策として
・ディープウェル、ウェルポイントによって地下水位を低下させる
・土留め壁の根入れ長を、難透水層まで伸ばす
・地盤を改良して、人工的に難透水層をつくる
などがあげられます。

3、設問の通り。
ボイリングとは、地下水位の高い砂質地盤において、地下水等の上向きの浸透力により地盤が支持力を失い、地下水と土砂を吹き上げる現象です。
ボイリング防止対策として
・ディープウェル、ウェルポイントによって地下水位を低下させる
・土留め壁の根入れ長をのばす
・地盤を改良して地下水の回り込みを抑える
などがあげられます。

4、誤り。
ヒービングとは、粘性土地盤において土留め壁背面の水や土砂が根入れの下から回り込み、掘削底面を持ち上げる現象です。
ヒービング防止対策として
・ディープウェル、ウェルポイントによって地下水位を低下させる
・掘削底面の地盤を改良する
・土留め壁の背面地盤を盤下げする
などがあげられます。
背面地盤に盛土しては逆効果です。



評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
〇ヒービング対策としては、十分な根入れを行うことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。