過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20845問」を出題

問題

[ 設定等 ]
河川護岸の根固工の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
捨石工の施工は、土砂の吸出し防止のために表層に大きな石を用い、内側に栗石又は砂礫を目つぶしとして用いる。
   2 .
かご系の根固工は、屈とう性があり多孔質であるため、河床変動を抑制するとともに水際の多様化にも適している。
   3 .
根固工と法覆工との間に間隙が生じる場合には、栗石など適当な間詰工を施す。
   4 .
異形コンクリートブロックの乱積みは、河床整正を行って積み上げるので、水深が深くなると層積みと比較して施工は困難となる。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
1、設問の通り。
捨石工の施工は、表面に大きな石を用い、内側には吸出しを防ぐために栗石又は砂礫等の大小の粒径が混じったものを用います。

2、設問の通り。
かご形の根固め工は、特徴として屈とう性があり多孔質であるため、変動のある水際に適しています。

3、設問の通り。
法覆工は固定されている構造物が多く、間隙が生じやすいため、栗石などにより間詰工を施して流れを呼び込まないようにする必要があります。

4、誤り。
乱積みは河床に合わせ不規則にブロックを積む工法であり、水深が深い場合でも施工性がよい工法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
〇乱積みは、施工出来形に気を使う必要がなく、水深が深い場合には施工しやすいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。