過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20866問」を出題

問題

[ 設定等 ]
シールド掘進に伴う地盤変位の原因と対策に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
土圧式シールドや泥水式シールドでは、切羽土圧や水圧に対してチャンバー圧が小さい場合には地盤隆起、大きい場合には地盤沈下を生じるので、切羽土圧や水圧に見合うチャンバー圧の管理を入念に行う。
   2 .
テールボイド沈下と裏込め注入による隆起を防止するには、地山状態に応じて充てん性と早期強度発現性に優れた注入材を選定してシールドの掘進と同時に裏込めを行う。
   3 .
シールド掘進中の蛇行修正は、地山を緩める原因となるので、周辺地山をできる限り乱さないように、ローリングやピッチングなどを少なくして蛇行を防止する。
   4 .
一次覆工からの漏水は地盤沈下の原因となるため、セグメントの組立と防水工は入念に行いセグメントの継手、裏込め注入孔からの漏水を防止する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
〇チャンバーが小さいとシールド内の圧力が小さいので地盤沈下の恐れがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
1、誤り。
土圧式シールドや泥水式シールドでは、切羽土圧や水圧に対してチャンバー圧が大きい場合には地盤隆起、小さい場合に地盤沈下を生じるので、切羽土圧や水圧に見合うチャンバー圧の管理を入念に行う必要があります。

2、設問の通り。
裏込め注入工はトンネルの蛇行防止、セグメントリングの早期安定、セグメントからの漏水防止等に役立つため速やかに行なう必要があります。

3、設問の通り。
シールド掘進は所定の計画線上を正確に推進しなければなりません。

4、設問の通り。
セグメントの防水工の種類として、コーキング工・シール工などがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。