過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20927問」を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートのスランプに関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
問題文の画像
   1 .
スランプは、下図に示す締固め作業高さが高いほど大きくする。
   2 .
練上がり時のコンクリートの目標スランプは、打込みの最小スランプに対し、コンクリートの運搬や時間経過に伴うスランプの低下を考慮する。
   3 .
スランプは、運搬、打込み、締固めなどの作業に適する範囲内で、できるだけ大きくする。
   4 .
スランプは、コンクリート単位体積当たりの鋼材量が多くなるほど大きくする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
1. 設問のとおりです。締固め高さが高い場合は、スランプを大きくします。
2. 設問のとおりです。コンクリートの運搬や時間経過に伴ってスランプは低下する傾向にあります。

3. 誤りです。スランプとはコンクリートの流動性を示すもので、スランプの値が大きくなるほど流動性が高いことになります。したがって運搬、打込み、締固めなどの作業に適する範囲内で、できるだけ小さくします。

4.設問のとおりです。コンクリート単位体積当たりの鋼材量が多くなるほど大きくして、十分に鋼材とコンクリートが付着するようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。