過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20928問」を出題

問題

[ 設定等 ]
寒中コンクリート及び暑中コンクリートの施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
寒中コンクリートでは、コンクリート温度が低いと型枠に作用するコンクリートの側圧が大きくなる可能性があるため、打込み速度や打込み高さに注意する。
   2 .
寒中コンクリートでは、保温養生あるいは給熱養生終了後に急に寒気にさらすと、コンクリート表面にひび割れが生じるおそれがあるので、適当な方法で保護して表面の急冷を防止する。
   3 .
暑中コンクリートでは、運搬中のスランプの低下、連行空気量の減少、コールドジョイントの発生などの危険性があるため、コンクリートの打込み温度をできるだけ低くする。
   4 .
暑中コンクリートでは、コンクリート温度をなるべく早く低下させるためにコンクリート表面に送風する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
1.設問のとおりです。寒中コンクリートは、日中の平均気温が4℃を下回るような場合はこれを用いなければならないとされています。コンクリート温度が低いと型枠に作用するコンクリートの側圧が大きくなる可能性があるため、打込み速度や打込み高さに注意しなければなりません。

2.設問のとおりです。急激な温度変化を避けるため、毛布などをかぶせて養生したり、温度管理が難しいようであれば石油ストーブなどの暖房器具を使う場合もあります。

3.設問のとおりです。コールドジョイントとは適切な打ち重ね期間を過ぎてコンクリートを打設したため、前に打ち込んだコンクリートと後から打ち込んだコンクリートが不連続になる状態のことを言います。

4.誤りです。養生中の急激な温度変化や乾燥は品質に悪影響を与え、ひび割れの原因となるため極力避けます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。