過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20941問」を出題

問題

[ 設定等 ]
柔構造樋門の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
キャンバー盛土の施工は、キャンバー盛土下端付近まで掘削し、掘削した土をそのまま再利用して盛土しなければならない。
   2 .
函体の底版下に空洞が発生した場合、グラウトによって空洞を充てんすることが有効である。
   3 .
床付け面は、開削による荷重の除去に伴って緩むことが多いため、乱さないで施工すると共に転圧によって締め固めることが好ましい。
   4 .
樋門本体の沈下形状を設計で想定した沈下形状に近づけるためには、盛土を函軸に沿って水平に盛り上げる必要がある。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1. 誤りです。柔構造樋門とは軟弱地盤の上に施工する樋門のことで、従来は基礎工を施して樋門の安定を図っていましたが、現在は柔軟性のある構造を用いて、樋門が堤防と一体となって挙動する工法が用いられています。発生土の再利用ではなく、良質土を使用する場合が多いです。

2.設問のとおりです。グラウトとは地盤を改良するために用いるもので、薬液注入のことです。

3.設問のとおりです。荷重がなくなることによりリバウンドの影響を受け地盤が緩む場合があります。

4.設問のとおりです。3.の説明でも示したとおり、地盤が緩むと水平を保った施行性が悪くなるため、地盤を荒らさないように管理に気を付ける必要があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。