過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20958問」を出題

問題

[ 設定等 ]
港湾の浚渫施工の事前調査に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
浚渫工事の施工方法を検討する場合には、海底土砂の性質が工期、工費に大きく影響するため、事前に土質調査を行う必要がある。
   2 .
機雷などの危険物が残存すると推定される海域においては、浚渫に先立って工事区域の機雷などの探査を行い、浚渫工事の安全を確保しなければならない。
   3 .
土厚が4m程度以上の浚渫を実施する場合は、磁気探査の有効探査厚が4m程度であるため、層別に磁気探査及び潜水探査を実施する必要がある。
   4 .
深浅測量の範囲は、必要区域より法部などを考慮したある程度外側までする必要があり、測線間隔は50mとする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.設問のとおりです。浚渫(しゅんせつ)とは、底面を浚って(さらって)土砂を取り去る工事のことです。

2.設問のとおりです。関門航路などでは戦争中の機雷や爆弾が残っている場合があります。磁気によって事前に調査し、安全を確認します。

3.設問のとおりです。磁気の探査厚の範囲内で探査を繰り返しながら安全を確保しつつ浚渫を行います。

4. 誤りです。深浅(しんせん)測量は港、湖、川などで水面から水底までの深さを測る作業です。測線間隔が細かいほど正確な土量の算定が期待できるので測線間隔50mいないということではなく、間隔は細かいほうが望ましくなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。