過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20963問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼構造物における重防食塗装に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
   1 .
防食下地は、一次防せい( 錆 )プライマー、無機ジンクリッチペイント、溶融亜鉛めっき、金属溶射により、犠牲防食作用やアルカリ性保持などの腐食抑制効果によって鋼材の腐食を防ぐ。
   2 .
下塗塗料は、防食下地と良好な付着性を有し、水と酸素の腐食因子と塩化物イオンなどの腐食促進因子の浸透を抑制して、防食下地の劣化、消耗を防ぐ。
   3 .
中塗塗料は、下塗塗料と上塗塗料の付着を確保し、色相を調整して下塗塗料の色相を隠蔽する。
   4 .
上塗塗料は、耐候性のよい樹脂と顔料により、長期間にわたって鋼構造物の光沢や色相を維持し、下層塗膜を紫外線から保護する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1.誤りです。重防食塗装は防食塗装、下塗塗装、中塗塗装、上塗塗装の4段階に分かれます。尚、一次防錆プライマーは工場での制作過程で実施されるものです。防食塗装のタイミングで行うものではありません。

2. 設問のとおりです。下塗塗装は酸素、水、塩化物イオンなどからの腐食性物質の高い浸透抑制効果を目的としています。

3.設問のとおりです。中塗塗装は設問の付着確保、色相調整の他に下塗塗装同様の浸透抑制効果を目的としています。

4. 設問のとおりです。上塗塗装は下塗塗装を紫外線から保護するのが主な目的です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。