過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20965問」を出題

問題

[ 設定等 ]
下水道管きょなどの布設時の土留め工法に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
   1 .
鋼矢板工法の鋼矢板は、耐久性、水密性及び強度において、木矢板や軽量鋼矢板よりも優れており、軟弱地盤で湧水のある場合に用いられ、ヒービングやボイリングを防止するために根入れ長を短くできる。
   2 .
建込み簡易土留め工法は、土留め矢板と切ばりをセットにした既製横矢板工法で、工期が短く、騒音、振動が少なく、掘削完了と同時に土留めが完了するので比較的小規模な土留めとして用いられる。
   3 .
親杭横矢板工法は、H形鋼などを親杭として打設し、掘削の進行に合わせて木矢板などにより土留め壁とするもので、普通地盤で地下水が少なく、ある程度自立する地盤に用いられる。
   4 .
軽量鋼矢板工法の軽量鋼矢板は、比較的軽量であるため取り扱いが容易で、木矢板に比べ品質も一定しており反復性も高いが、水密性が期待できないので湧水の少ない小規模な掘削に主に用いられる。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.誤りです。ヒービングとは、粘土地盤を掘削する場合、掘削背面の土塊重量が掘削面下の地盤支持力より大きくなると、地盤内にすべり面が発生し、掘削底面に盛り上がりが生ずる現象です。ボイリングとは、地下水位の高い砂質地盤で土留め工を行う場合に生じやすく、掘削面と水位差によって地下水と共に、土砂が掘削面に流出してくる現象のことです。鋼矢板工法は止水性や土留効果は高いですが、ヒービング、ボイリング対策には向きません。

2.設問のとおりです。掘削機とクレーンのみで施工できる場合が多く、経済性も良いとされています。ディーゼルハンマなどの使用をしないので騒音・振動公害の対策になります。

3.設問のとおりです。親杭にH形鋼等を80~180cm程度の間隔に打設し、掘削に伴い横矢板を入れて山留め壁にする工法です。 止水性はありません。

4.設問のとおりです。軽量鋼矢板工法は、溝の幅に合わせてあらかじめ軽量鋼矢板を杭打機等で打ち込んだ後、最上段の切り梁を設置する深さまで掘削を行い、地上から腹おこし及び切り梁を設置して土止め支保工 を組み立てる方式です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。