過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21031問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼道路橋における高力ボルト締付け作業に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
ボルト軸力の導入は、ナットを回して行うのを原則とし、やむを得ず頭回しを行う場合にはトルク係数値の変化を確認する。
   2 .
トルシア形高力ボルトを使用する場合は、予備締めに電動インパクトレンチを使用し、本締めにはエアーインパクトレンチを使用する。
   3 .
ボルトの締付け順序は、連結板の中央のボルトから順次端部ボルトに向かって行い、2度締めを行う。
   4 .
ボルトの締付けをトルク法によって行う場合は、締付けボルト軸力が各ボルトに均一に導入されるよう締付けトルクを調整する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.設問の通りです。高力ボルトの締付はナットを回して行うのが原則ですが、ボルト頭を回して締付ける場合、トルク係数値についてキャリブレーションを行う必要があります。

2.誤りです。本締め、予備締めともに電動インパクトレンチを使用します。本締めにエアーインパクトレンチを使用することはありません。

3.設問の通りです。ボルトの締付け順序は、連結板の中央から順次外側に向かって行い、2度締めを行う事が原則です。

4.設問の通りです。トルク法では事前にトルクのキャリブレーションを行い、導入軸力と締付けトルクの関係を調査し、トルクを調査して60%導入の予備締め、110%導入の本締めを行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1 . 〇 設問の通りです。
ボルト軸力の導入は、ナットを回して行うのを原則ですが、やむを得ず頭回しを行う場合にはトルク係数値の変化を確認する必要があります。

2 . × 誤りです。
トルシア形高力ボルトを使用する場合は、予備締め、本締め共に電動インパクトレンチを使用します。

3 . 〇 設問の通りです。
ボルトの締付け順序は、連結板の中央のボルトから順次端部ボルトに向かって行い、2度締めを行う必要があります。

4 . 〇 設問の通りです。
ボルトの締付けをトルク法によって行う場合は、締付けボルト軸力が各ボルトに均一に導入されるよう締付けトルクを調整します。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1 . 設問の通りです。ボルト軸力の導入は、ナットを回して行うのを原則とし、やむを得ず頭回しを行う場合にはトルク係数値の変化を確認します。

2 . 誤りです。トルシア形高力ボルトを使用する場合は、本締めにはエアーインパクトレンチを使用せず、専用締付け機を使用します。

3 . 設問の通りです。ボルトの締付け順序は、連結板の中央のボルトから順次端部ボルトに向かって行い、2度締めを行います。

4 . 設問の通りです。ボルトの締付けをトルク法によって行う場合は、締付けボルト軸力が各ボルトに均一に導入されるよう締付けトルクを調整します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。