過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21036問」を出題

問題

[ 設定等 ]
多自然川づくりにおける護岸に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
かごマット護岸は、屈とう性があり、かつ空隙があるので生物に優しい護岸構造である。
   2 .
コンクリート護岸は、現地の表土を用いて覆土を行うことにより、河岸の植生が回復、維持され、川の生き物たちに住みよい環境を提供することが可能である。
   3 .
自然石を利用した石積みや石張り護岸は、強度もあり当該河川に自然石がある場合にはこれを活用することにより、周辺と調和した優れた工法となる。
   4 .
空石張(積み)護岸は、河川環境面で優れているので、外力に対しての安定性を確認し、目地は少しでも生物に優しい構造になるように浅目地とする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1.設問の通りです。かごマットとは、石材等を詰めた鉄線かごで、河岸・河床等を覆うものです。

2.設問の通りです。コンクリート護岸とは、Co現場打ち、又は2次製品等を用いた物です。

3.設問の通りです。自然石を利用した護岸とは、強度もあり、当該河川にある自然石を利用する事により、周辺と調和した優れた物です。

4.誤りです。本文の浅目地ではなく、深目地にするが正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1 . 〇 設問の通りです。
かごマット護岸は、屈とう性があり、かつ空隙があるので生物に優しい護岸構造です。

2 . 〇 設問の通りです。
コンクリート護岸は、現地の表土を用いて覆土を行うことにより、河岸の植生が回復、維持され、川の生き物たちに住みよい環境を提供することが可能です。

3 . 〇 設問の通りです。
自然石を利用した石積みや石張り護岸は、強度もあり当該河川に自然石がある場合にはこれを活用することにより、周辺と調和した優れた工法となります。

4 . × 誤りです。
浅目地ではなく、深目地が正解です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1 . 設問の通りです。かごマット護岸は、屈とう性があり低廉で施工しやすく、空隙があるので生物に優しい護岸構造です。

2 . 設問の通りです。コンクリート護岸は、現地の表土を用いることにより、河岸の植生が回復、維持され、川の生き物たちに住みよい環境を提供することが可能です。

3 . 設問の通りです。自然石を利用した石積みや石張り護岸は、強度もあり当該河川に自然石がある場合にはこれを活用することにより、周辺と調和した優れた工法です。

4 . 誤りです。空石張(積み)護岸は、目地にモルタルを詰めず、単に石のみを積む護岸構造です。そのため、河川環境面で優れているが、強度に不安があり、流体力に対して安全性を確認する必要がある。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。