過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21052問」を出題

問題

[ 設定等 ]
海岸保全施設の養浜の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
養浜の施工方法は、養浜材の採取場所、運搬距離、社会的要因などを考慮して、最も効率的で周辺環境に影響を及ぼさない工法を選定する。
   2 .
養浜の投入土砂は、現況と同じ粒径の細砂を用いた場合、沖合部の海底面を保持する上で役立ち、汀線付近での保全効果も期待できる。
   3 .
養浜の陸上施工においては、工事用車両の搬入路の確保や、投入する養浜砂の背後地への飛散など、周辺への影響について十分検討し、慎重に施工する。
   4 .
前浜養浜、沖合養浜の施工時は、海水汚濁により海域環境や水生生物に大きな影響を与える可能性があるので、陸上において予め汚濁の発生源となるシルト、有機物、ゴミなどを養浜材から取り除いて施工する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1.設問の通りです。侵食対策の養浜を検討する場合は、養浜材料を安定供給できる量、及び運転手段について、考慮する必要があります。

2.誤りです。粗い粒径を多く含んだ投入土砂の方が、汀線付近での保全効果があります。また、細砂は広く拡散します。

3.設問の通りです。安全対策、及び環境対策等を十分に考慮し、慎重に施工を行います。

4.設問の通りです。養浜の材料は、養浜施工箇所の生物の生育や環境に、影響を与えられる事が考えられる為、十分に考慮し、施工を行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1 . 設問の通りです。養浜の施工方法は、周辺環境に影響を及ぼさない工法を選定します。

2 . 誤りです。養浜の投入土砂は、現況よりも粒径の小さい材料を用いた場合、沖合部の海底面を保持する上で役立ちます。

3 . 設問の通りです。養浜の陸上施工においては、周辺への影響について十分検討し、慎重に施工します。

4 . 設問の通りです。前浜養浜、沖合養浜の施工時は、陸上において予め汚濁の発生源となるシルト、有機物、ゴミなどを養浜材から取り除いて施工します。
評価後のアイコン
評価する
-1
評価しない
1 . 〇 設問の通りです。
養浜の施工方法は、養浜材の採取場所、運搬距離、社会的要因などを考慮して、最も効率的で周辺環境に影響を及ぼさない工法を選定します。

2 . × 誤りです。
養浜の投入土砂は、粗い砂の方が、沖合部の海底面を保持する上で役立ち、汀線付近での保全効果も期待できる。
同じ粒径よりも、粗いほうが好ましいです。

3 . 〇 設問の通りです。
養浜の陸上施工においては、工事用車両の搬入路の確保や、投入する養浜砂の背後地への飛散など、周辺への影響について十分検討し、慎重に施工します。

4 . 〇 設問の通りです。
前浜養浜、沖合養浜の施工時は、海水汚濁により海域環境や水生生物に大きな影響を与える可能性があるので、陸上において予め汚濁の発生源となるシルト、有機物、ゴミなどを養浜材から取り除いて施工します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。