過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第27972問」を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの配合に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
AEコンクリートは、微細な空気泡による所要の空気量を確保することにより耐凍害性の改善効果が期待できる。
   2 .
細骨材率は、骨材全体の体積の中に占める細骨材の体積の割合で、所要のワーカビリティーが得られる範囲内で単位水量ができるだけ小さくなるように設定する。
   3 .
水セメント比は、その値が小さくなるほど、強度、耐久性、水密性は高くなるが、その値をあまり小さくすると単位セメント量が大きくなり水和熱や自己収縮が増大する。
   4 .
単位水量は、作業ができる範囲内でできるだけ小さくなるようにし、単位水量が大きくなると材料分離抵抗性が低下するとともに乾燥収縮が減少する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 選択問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
1.設問のとおりです。AE剤を混ぜると作業性が良くなり、コンクリート中の水量が少なくて済むことから、コンクリートの強度を落とさずに済みます。また、気泡がクッション代わりとなり凍結や衝撃に強くなります。
2. 設問のとおりです。細骨材率とは、「砂と石」を合わせた全骨材に対して、「砂」がどの割合入っているか示す値です。
3.設問のとおりです。水セメント比はコンクリートの強度を示す値です。値が大きいほどワーカビリティは向上しますが、強度は低下します。(W/C)
4. 誤りです。単位水量が大きくなると材料分離抵抗性が低下しますが乾燥収縮性は逆に高まります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。