過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第27973問」を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの打込みに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
スラブのコンクリートが柱のコンクリートと連続している場合には、沈みひび割れを防止するために連続的にコンクリートを打ち込む。
   2 .
型枠内にコンクリートを打ち込む場合には、型枠内で横移動させると材料分離が生じる可能性があるので、目的の位置にコンクリートをおろして打ち込む。
   3 .
高さが大きい型枠内にコンクリートを打ち込む場合には、吐出口から打込み面までの落下の高さを小さくしてコンクリートの材料分離を防ぐようにコンクリートを打ち込む。
   4 .
型枠内に複層にわたってコンクリートを打ち込む場合には、下層と上層の一体性を確保できるように下層のコンクリートが固まり始める前に上層のコンクリートを打ち込む。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 選択問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
1.誤りです。スラブとはコンクリート床板のことです。「沈みひび割れ」を防止するために、沈下が治まってからコンクリートを打設しなければなりません。
2.設問のとおりです。材料分離は強度低下につながるため、目的の位置に打ち込むとともに、フロートの高さにも注意します。
3.設問のとおりです。「2」の説明と同様、高さを抑えることによって落下衝撃による材料分離を防ぎます。
4.設問のとおりです。下層が固まってしまうと、上層と下層の一体性が低下してしまうため、固まる前に上層を打ち込みます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。