過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第27979問」を出題

問題

[ 設定等 ]
場所打ち杭工法における孔底処理に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
深礎杭工法では、底盤の掘りくずを取り除くとともに、支持地盤が水を含むと軟化するおそれのある場合には、孔底処理完了後に孔底をモルタル又はコンクリートで覆う。
   2 .
リバース工法では、安定液のように粘性のあるものを使用することから、泥水循環時に粗粒子の沈降が期待できないため、二次孔底処理は鉄筋かご建込み前に沈積した物を処理する。
   3 .
オールケーシング工法では、孔内に注入する水は土砂分混入が少ないので、鉄筋かご建込み前にハンマグラブや沈積バケットで土砂やスライムを除去することができる。
   4 .
アースドリル工法では、掘削完了後に底ざらいバケットで掘りくずを除去し、二次孔底処理は、コンクリート打込み直前にトレミーなどを利用したポンプ吸上げ方式で行う。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 選択問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1.設問の通りです。深礎杭工法はライナープレート使って基礎を作り、ライナープレート内部が掘り終わったら、杭の中に鉄筋を組み立てて、コンクリートで固めます。

2.誤りです。掘削→一次孔底処理→孔壁測定→鉄筋かご建て込み→トレミー管建て込み→二次孔底処理→コンクリート打ち込み→スタンドパイ部引き抜き のフローとなります。二次孔底処理と鉄筋かご建て込みの順が逆です。

3.設問の通りです。 なお、スライムとは、杭の掘削時の堀りくずのことで、ベントナイト溶液の細粒や泥水中に浮遊する土砂が混じって、杭の底部に沈殿したものをいいます。スライムは杭支持力低下の原因となるため、必ず除去しなければならないとされています。

4.設問の通りです。ドリリングバケット(底開きバケットの底に切削刃の付いたもの)を回転させて掘削し、孔壁は表層部ではケーシング、表層部より深い部分は安定液などで保護する工法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。