過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第28036問」を出題

問題

[ 設定等 ]
工事の工程管理に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
工程管理は、施工計画において品質、原価、安全など工事管理の目的とする要件を総合的に調整し、策定された基本の工程計画をもとにして実施される。
   2 .
工程の進捗状況の把握には、工事の施工順序と進捗速度を表わすいくつかの工程表を用いるのが一般的である。
   3 .
工程管理を行う場合は、常に工事の進捗状況を把握して計画と実施のずれを早期に発見し、必要な是正措置を講ずる。
   4 .
工程管理の内容は、施工計画の立案・計画を施工面で実施する改善機能と、施工途中で評価などの処置を行う統制機能に大別できる。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 必須問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
1.設問の通りです。経済性の点では、工程速度を上げると工事原価も上がります。また品質管理では工程速度を上げると品質はやや悪くなるが、さらに工程を早め突貫作業となると、急激に品質は悪くなるなどの影響が出ます。

2.設問の通りです。ネットワーク工程表は各工事の種類をもとに組み入れられるので、着工時、施工順序を管理しますが、現在の進捗がひと目ではわかりにくい欠点を持ちます。また、横線式工程表はひと目で進捗がわかりやすく、調整がしやすいのが特徴です。これらを組み合わせて工程管理を行います。

3.設問の通りです。当初計画からのズレを補正しながら工事完了まで工程管理を行います。

4.誤りです。施工計画の立案・計画を施工面で実施する「統制機能」と、施工途中で評価などの処置を行う「改善機能」が正しい説明となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。