過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第33085問」を出題

問題

[ 設定等 ]
下水道マンホールに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
小型マンホールの埋設深さは、維持管理の作業が地上部から器具を使っての点検、清掃となることを考慮して2m程度が望ましい。
   2 .
マンホールが深くなる場合は、維持管理上の安全面を考慮して、10mごとに踊り場(中間スラブ)を設けることが望ましい。
   3 .
マンホール部での管きょ接続は、水理損失を考慮し、上流管きょと下流管きょとの最小段差を2cm程度設ける。
   4 .
小型マンホールの最大設置間隔は、50mを標準とする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成29年度 選択問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1.問題文の通りです。
埋戻しの際に傾きやすくなること、点検ミラー、ジェットノズル、自走式テレビカメラ等の維持管理器具が操作しづらくなること等がその理由です。
(「低コスト化技術の導入促進に向けた技術資料」一般社団法人地域環境資源センターより)
2.適当ではありません。
深い特殊マンホールの場合には、はしご、階段形式を用い、更に3~5mごとに中間スラブ(踊場)を設けることになっています。
(「下水道施設設計・設計指針と解説」公益法人日本下水道協会より)
3.問題文の通りです。上流管底と下流管底との最小段差は、2cmを確保します。
4.問題文の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。