過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者の過去問「第19632問」を出題

問題

作業環境における騒音及びそれによる健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
騒音レベルの測定は、通常、騒音計の周波数補正回路のA特性で行い、その大きさはdB ( A ) で表示する。
 2 . 
等価騒音レベルは、単位時間 ( 1時間 ) について10分間ごとのピーク値の騒音レベルを平均化した評価値で、変動する騒音に対して適用される。
 3 . 
騒音牲難聴は、音を神経に伝達する内耳の聴覚器官の有毛細胞の変性によって起こる。
 4 . 
騒音性難聴の初期に認められる4000Hz付近を中心とする聴力低下の型をc 5 dipという。
 5 . 
騒音は、自律神経系や内分泌系へも影響を与え、交感神経の活動の亢進や副腎皮質ホルモンの分泌の増加が認められることがある。
( 第一種 衛生管理者試験 平成27年10月公表 労働衛生(有害業務に係るもの) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
9
評価しない
等価騒音レベルとはある時間範囲について変動する騒音の騒音レベルを「エネルギー的な平均値」としてあらわした量のことです。
 騒音レベルの測定は騒音計の周波数補正回路のA特性で行い、単位はデシベルdb(A)です。
よって、2が正解。
評価後のアイコン
2016/09/27 21:47
ID : arejxammu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は、2.が誤りです。

1.〇 「騒音レベル測定」は、騒音計の周波数補正回路のA特性で行い、dB(A)で表示されています。

2.× 「等価騒音レベル」は、単位時間当たりの騒音レベルを平均化した評価値で、変動する騒音に対して適用されます。

3.〇 「騒音牲難聴」は、内耳の聴覚器官の有毛細胞の変性によって起こります。

4.〇 「騒音性難聴」の初期に認められる4000Hz付近を中心とする聴力低下の型をc 5 dipといいます。

5.〇 「騒音」は、自律神経系や内分泌系へも影響を与えます。
また交感神経活動の亢進や副腎皮質ホルモンの分泌の増加が認められることがあります。
評価後のアイコン
2017/06/19 21:16
ID : grxjoutt
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。