過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者の過去問「第19652問」を出題

問題

出血及び止血法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
体内の全血液量は、体重の1/13程度で、その1/3を短時間に失うと生命が危倹な状態となる。
 2 . 
止血法には、直接圧迫法、間接圧迫法などがあるが、応急手当としては間接圧迫法が推奨されている。
 3 . 
静脈性出血は、傷口からゆっくり持続的に湧き出るような出血で、通常、直接圧迫法で止血する。
 4 . 
内出血は、胸腔、腹腔などの体腔内や皮下などの軟部組織への出血で、血液が体外に流出しないものである。
 5 . 
止血を行うときは、処置者の感染防止のため、ビニール手袋を着用したりビニール袋を活用したりして、受傷者の血液に直接触れないようにする。
( 第一種 衛生管理者試験 平成27年10月公表 労働衛生(有害業務に係るもの以外のもの) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
9
評価しない
出血の種類としては、毛細血管性出血、静脈性出血、動脈性出血とあります。

・毛細血管性出血・・出血部からにじむような出血
・静脈性出血・・出血部からゆっくりとあふれ出るような出血
・動脈性出血・・ドクドクと脈を打つように大量の出血。

処置としては
・直接圧迫法(出血部を直接圧迫止血)を応急対処として最も推奨される方法です。
・間接圧迫法(出血部より心臓側にある部分の動脈(止血点)を圧迫する方法。
・止血帯法(ネクタイや三角巾等を用い縛って止血)。

止血帯法を用いるのは最終手段と考えましょう。また止血帯には細いひもは使用不可であることにも注意しましょう。

1の選択肢である通り、血液量は体重の「1/13」で失血量「1/3で生命危機」「1/2で死亡」です。カッコ内数字はキーワードです。
2は止血方法での優先順位が間違えていますので2が正解。優先順位:①直接圧迫法→②間接圧迫法→③止血帯法(最終手段)となります。
残りの選択肢3,4,5は記述の通りです。

評価後のアイコン
2016/11/07 19:03
ID : arejxammu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は、2.が誤りです。

1.〇 「体内全血液量」は、体重の1/13程度です。
その1/3を短時間に失うと生命が危倹な状態となります。

2.× 応急手当としては「間接圧迫法」ではなく、「直接圧迫法」です。

3.〇 「静脈性出血」は、傷口からゆっくり湧き出るような出血で、直接圧迫法で止血します。

4.〇 「内出血」は、胸腔・腹腔などの体腔内や皮下などの軟部組織への出血です。

5.〇 「止血」を行うときは、処置者の感染防止のため、ビニール手袋等を活用します。
そして受傷者の血液に直接触れないように注意します。
評価後のアイコン
2017/07/01 11:20
ID : grxjoutt
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。