過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者の過去問 令和3年4月公表 労働衛生(有害業務に係るもの以外のもの) 問30

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
厚生労働省の「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。
   1 .
ディスプレイ画面上における照度は、500ルクス以下となるようにしている。
   2 .
書類上及びキーボード上における照度は、300ルクス以上となるようにしている。
   3 .
ディスプレイ画面の位置、前後の傾き、左右の向き等を調整してグレアを防止している。
   4 .
ディスプレイは、おおむね30cm以内の視距離が確保できるようにし、画面の上端を眼の高さよりもやや下になるように設置している。
   5 .
1日の情報機器作業の作業時間が4時間未満である労働者については、自覚症状を訴える者についてのみ、情報機器作業に係る定期健康診断の対象としている。
( 第一種 衛生管理者試験 令和3年4月公表 労働衛生(有害業務に係るもの以外のもの) 問30 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
37
評価しない

正解は(4)です。

30cmではなく40cmです。

情報機器作業における労働衛生管理の為のガイドラインについて、試験によく出る項目を以下に抜粋します。

①室内は、できるだけ明暗の対照が著しくなく、かつ、まぶしさを生じさせないようにすること

②ディスプレイを用いる場合のディスプレイ画面上における照度は 500ルクス以下、書類上及びキーボード上における照度は 300 ルクス以上を目安とし、作業しやすい照度とすること。

※ルクス(Lx)とは1ルクス(lx)は、1カンデラ(cd)の光源から、1m離れた所において、光軸に垂直な面が受ける明るさをいう。

③ディスプレイ画面に直接又は間接的に太陽光等が入射する場合は、必要 に応じて窓にブラインド又はカーテン等を設け、適切な明るさとなるようにすること。

④間接照明等のグレア防止用照明器具を用いること。

⑤デおおむね 40cm 以上の視距離が確保できるようにし、この距離で見や すいように必要に応じて適切な眼鏡による矯正を行うこと。

⑥ディスプレイは、その画面の上端が眼の高さとほぼ同じか、やや下に なる高さにすることが望ましい。

⑦ディスプレイに表示する文字の大きさは、小さすぎないように配慮し、 文字高さがおおむね3mm 以上とするのが望ましい。

※情報危機作業以外にも作業場所については照度の基準が定められていますので合わせて覚えておいてください。

精密な作業:300Lx以上、普通の作業:150Lx以上、粗な作業:70Lx以上

(厚生労働省 情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて より一部抜粋)

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

【解説】

 同ガイドラインでは、ディスプレイは、眼から40cm以上の距離となっています。

 その他は説明文のとおりです。

評価後のアイコン
評価する
8
評価しない

正解:4

1.正しい

ディスプレイ画面上における照度は、500ルクス以下を目安とします。

よって、正しい記載です。

2.正しい

書類上及びキーボード面における照度は、300ルクスから1000ルクスを目安とします。

よって、正しい記載です。

3.正しい

正しい記載です。

4.誤り

ディスプレイは、おおむね40㎝以上の距離を確保する必要があります。

5.正しい

正しい記載です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。