過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者の過去問 令和3年4月公表 労働生理 問41

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
感覚又は感覚器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
眼軸が短過ぎるために、平行光線が網膜の後方で像を結ぶものを遠視という。
   2 .
嗅覚と味覚は化学感覚ともいわれ、物質の化学的性質を認知する感覚である。
   3 .
温度感覚は、皮膚のほか口腔(くう)などの粘膜にも存在し、一般に冷覚の方が温覚よりも鋭敏である。
   4 .
深部感覚は、内臓の動きや炎症などを感じて、内臓痛を認識する感覚である。
   5 .
中耳にある鼓室は、耳管によって咽頭に通じており、その内圧は外気圧と等しく保たれている。
( 第一種 衛生管理者試験 令和3年4月公表 労働生理 問41 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
60
評価しない

正解は(4)です。
深部感覚は筋肉や腱にあって、位置、運動、重力を感じ(自分の手足の位置や関節の角度など)姿勢や動きを認識する感覚です。

他補足説明します。
・近視は、眼球の長軸が長くなっている状態で、遠視は、眼球の長軸が短くなっている状態です。

(乱視は、角膜の歪みもしくは凹凸がある状態)
また遠距離視力検査は、5mの距離からの測定が標準です。
・錘状体: 明るい所で働き色を感じます
 杆状体: 暗い所で働き弱い光を感じます
・臭覚は鋭敏ですが、同一の臭いに疲れ(慣れ)やすいです
・皮膚感覚(深部感覚は上記で解説済)
 触覚、痛覚、温度感覚(温覚と冷覚)があり、冷覚の方が温覚より鋭敏で温覚は徐々に、冷覚はすぐ現れます。
また痛覚は、皮膚全体に分布し、密度は最大です。
・内耳
 前庭:体の傾きの方向、大きを感じます
 半規管:体の回転の方向、速度を感じます
 蝸牛:聴覚をつかさどります
 

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
26
評価しない

【解説】

 深部感覚は、筋肉、腱、関節などで感知されます。

 内臓痛は、内臓の痙攣、炎症、拡張等により生じる痛みです。

 その他は説明文のとおりです。

評価後のアイコン
評価する
10
評価しない

正解:4

1.正しい

正しい記載です。

2.正しい

正しい記載です。

3.正しい

正しい記載です。

4.誤り

深部感覚とは、皮膚や粘膜といった身体の表面ではなく、身体の深部にある筋肉や腱などで受ける感覚のことです。

5.正しい

正しい記載です。

評価後のアイコン
評価する
6
評価しない

答えは(4)です。

1:正解。一方眼軸が長過ぎるために、平行光線が網膜の前方で像を結ぶものを近視と言います。

2:正解。嗅覚と味覚は化学感覚です。

3:正解。温覚よりも冷覚の方が鋭敏で急速に現れます。

4:不正解。深部感覚とは、皮膚や粘膜の表面ではなく、それより深部に存在する受容器によって起こる感覚です。具体的には、筋・腱・関節に関係する感覚です。

5:正解。中耳にある鼓室の内圧は外気圧と等しく保たれています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。