過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者の過去問 平成27年4月公表 関係法令 問6

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
労働時間の状況等が一定の要件に該当する労働者に対して、法令により実施することが義務付けられている医師による面接指導に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
面接指導の対象となる労働者の要件は、原則として、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1か月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められることである。
   2 .
面接指導は、その要件に該当する労働者の申出により行われる。
   3 .
労働者は、事業者の指定した医師による面接指導を希望しない場合は、他の医師の行う面接指導を受け、その結果を証明する書面を事業者に提出することができる。
   4 .
事業者は、面接指導の結果に基づき、労働者の健康を保持するために必要な措置について、面接指導実施日から3か月以内に、医師の意見を聴かなければならない。
   5 .
事業者は、面接指導の結果に基づき、その記録を作成し、これを5年間保存しなければならない。
※ 働き方改革関連法の施行により、2019(平成31)年4月から「面接指導の対象となる労働者の要件」が、1か月あたり「100時間超」から「80時間超」に引き下げられました。この設問は2015(平成27)年に出題された設問となります。
( 第二種 衛生管理者試験 平成27年4月公表 関係法令 問6 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
32
評価しない
「医師による面接指導」に関する問題です。

1.正しい
 正しい記述です。
 面接指導の対象となる労働者の要件は、月の時間外・休日労働時間が1か月当たり「100時間」を超え、かつ、疲労の蓄積している労働者です。

2.正しい
 事業者は、面接指導の対象となる要件に該当する労働者から申出があったときは、「遅滞なく」面接指導を行わなければならない、と定められています。

3.正しい
 面接指導を行う医師として事業者が指定することのできる医師は、当該事業場の産業医という規定はありません。

4.正しくない
 事業者は、面接指導の結果に基づき、労働者の健康を保持するために必要な措置について、面接指導実施日から「遅滞なく」、医師の意見を聴かなければなりません。

5.正しい
 面接指導の記録は、「5年間」保存しなければならないと定められております。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解 4

1. 正しいです。
試験対応としては、「1週間40時間超・1か月当たり100時間超と疲労蓄積」がフレーズになります。

2. 正しいです。
メンタルヘルス不全者増加の防止が目的になります。しかし、本人の申出を前提にします。

3. 正しいです。
精神的な面が重視されるために、指定医師外の選択の自由があります。

4. 誤りになります。
面接指導実施日から3か月ではありません。重要な案件のために「遅滞なく」医師の意見聴取義務があります。

5. 正しいです。
労働者は身体が資本になります。保存期間は長く5年間となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない

誤っているものは4です。
文中の「3か月以内」が誤りで正しくは「遅滞なく」です。根拠は労働安全衛生規則第52条7にあります。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.正しいです。根拠は労働安全衛生規則第52条2の1にあります。

2.正しいです。根拠は労働安全衛生規則第52条3の1にあります。

3.正しいです。根拠は労働安全衛生規則第61条の8にあります。

5.正しいです。根拠は労働安全衛生規則第52条6の1にあります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。