過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者の過去問 平成28年10月公表 関係法令 問8

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
事務室の空気環境の調整に関する次の文中の[   ]内に入れるAからDの数字の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。

「空気調和設備を設けている場合は、室の気温が[ A ]℃以上[ B ]℃以下及び相対湿度が[ C ]%以上[ D ]%以下になるように努めなければならない。」
   1 .
[ A ]16、[ B ]28、[ C ]40、[ D ]60
   2 .
[ A ]18、[ B ]28、[ C ]40、[ D ]70
   3 .
[ A ]17、[ B ]28、[ C ]30、[ D ]60
   4 .
[ A ]18、[ B ]27、[ C ]40、[ D ]70
   5 .
[ A ]18、[ B ]27、[ C ]30、[ D ]60
※事務所衛生基準規則5条3項の改正(令和4年4月1日施行)により、空気調和設備を設けている場合の室の気温の基準値が変更となりました。
<参考>
 それに伴い、当設問の選択肢中の数値を変更しました。
( 第二種 衛生管理者試験 平成28年10月公表 関係法令 問8 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

24

「事務室の空気環境の調整」に関する問題です。

正解:2

 空気調和設備を設けている場合は、室の気温が「18」℃以上「28」℃以下及び相対湿度が「40」%以上「70」%以下になるように努めなければならない。

付箋メモを残すことが出来ます。
8

正解 2

「空気調和設備」とは、空気を浄化し、温度や湿度・流量を調節して供給することができる設備を言います。(事務所則第5条)

絶対暗記事項です。

〔A〕 : 18

〔B〕 : 28

〔C〕 : 40

〔D〕 : 70

それぞれ入ります。よって、2が正しいです。

2
正しいものは2です。

事務所衛生基準規則第5条の3に本問題の該当箇所が含まれています。そちらをご参照ください。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。