過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者の過去問 平成28年10月公表 労働生理 問25

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
腎臓又は尿に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
血中の老廃物は、尿細管からボウマン嚢に濾し出される。
   2 .
血中の蛋白質は、糸球体からボウマン嚢に濾し出される。
   3 .
血中のグルコースは、糸球体からボウマン嚢に濾し出される。
   4 .
原尿中に濾し出された電解質の多くは、ボウマン嚢から血中に再吸収される。
   5 .
原尿中に濾し出された水分の大部分は、そのまま尿として排出される。
( 第二種 衛生管理者試験 平成28年10月公表 労働生理 問25 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

20
正しいものは、3です。
他の選択肢については以下のとおりです。
1.文中の「尿細管」の部分が誤りです。
  正しくは「糸球体」です。

2.本来タンパク質は糸球体を通過しません。
  よって、誤りです。そのため、タンパク尿が出る場合、病気を疑われます。

4.文中の「ボウマン嚢」部分が誤りで、正しくは「尿細管」です。

5.文中の「そのまま尿として排出される」という部分が誤りです。正しくは「尿細管で再吸収される」です。

  
付箋メモを残すことが出来ます。
12
正解3
腎臓の機能は複雑ですので、絵を書くなどして整理すると覚えやすいです。

腎臓はネフロンとよばれる単位から構成されており、1つの腎臓におよそ100万ネフロン存在しています。ネフロンは腎小体(糸球体+ボウマン嚢)と尿細管からなりたっています。

血液中の老廃物は糸球体からボウマン嚢に濾しだされます(後述)。ボウマン嚢に濾し出されたものは原尿と呼ばれ、原尿はボウマン嚢→尿細管→集合管→尿管と流れていき尿となります。尿細管や集合管では、体で再利用できるものは血液中に再吸収されます(後述)。

腎機能が正常な場合、糸球体からボウマン嚢に濾しされるものは【水分、糖(グルコース)、電解質】です。一方、濾し出されないものは【蛋白質、血球】です。

腎機能が正常な場合、尿細管から血液中に再吸収されるのは【水分、糖、電解質】などです。

以上をふまえて、選択肢をみてみましょう。

1.×
誤りです。血液中の老廃物は糸球体からボウマン嚢に濾しだされます。

2.×
誤りです。糸球体からボウマン嚢に濾し出されるのは【水分、糖、電解質】です。

3.◯ 
記載の通りです。

4.× 
誤りです。【水分、糖、電解質】などは、ボウマン嚢ではなく、尿細管から血液中に再吸収されます。

5.×
誤りです。水分の大部分は尿細管から血液中に再吸収されます。
7
「腎臓又は尿」に関する問題です。

正解:3

1.正しくない
 血中の老廃物は、「糸球体」からボウマン嚢に濾し出されます。

2.正しくない
 血中の蛋白質は、ボウマン嚢に濾し出されません。

3.正しい
 正しい記述です

4.正しくない
 原尿中に濾し出された電解質の多くは、「尿細管」から血中に再吸収されます。

5.正しくない
 原尿中に濾し出された水分の大部分は、尿細管から血中に再吸収されます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。