過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者の過去問 平成28年10月公表 労働生理 問30

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
睡眠などに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
夜間に働いた後の昼間に睡眠する場合は、一般に、就寝から入眠までの時間が長くなり、睡眠時間が短縮し、睡眠の質も低下する。
   2 .
睡眠と食事は深く関係しているため、就寝直前の過食は、肥満のほか不眠を招くことになる。
   3 .
松果体から分泌されるメラトニンは、夜間に分泌が上昇するホルモンで、睡眠と覚醒のリズムの調節に関与している。
   4 .
体内時計の周期は、一般に、約25時間であり、外界の24時間周期に同調して、約1時間のずれが修正される。
   5 .
基礎代謝量は、生命活動を維持するために必要な最小限のエネルギー量で、睡眠中の測定値で表される。
( 第二種 衛生管理者試験 平成28年10月公表 労働生理 問30 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

13
「睡眠」に関する問題です。

1.正しい
 正しい記述です。

2.正しい
 正しい記述です。

3.正しい
 正しい記述です。

4.正しい
 正しい記述です。

5.正しくない
 基礎代謝量は、睡眠中でなく、「絶対安静時」のエネルギー消費量をいいます。
付箋メモを残すことが出来ます。
13
正解5

1.◯
記載の通りです。夜間に働いた後の昼間に睡眠する場合は、就寝から入眠までの時間が長くなり、睡眠時間が短縮して、睡眠の質も低下してしまいます。

2.◯
正しい記載です。就寝直前の過食は、肥満や不眠を招く可能性があります。

3.◯
メラトニンは脳の松果体から主に夜に分泌され、睡眠に関与しています。

4.◯
体内時計の周期は、一般に約25時間です。外界の24時間周期に同調して、約1時間のずれが修正されています。

5.×
誤りです。基礎代謝量は12時間以上絶食し、【覚醒している(起きている)】状態で【横臥】【安静】にして測定します。
3
誤っているものは5です。
文中の「睡眠中の測定値で表される」という部分が誤りです。「早朝空腹時かつ絶対安静時の測定値で表される」のが正しいです。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。