過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第10027問」を出題

問題

[ 設定等 ]
   1 .
電圧計、回路計、周波数計
   2 .
電圧計、周波数計、漏れ電流計
   3 .
電圧計、電流計、電力計
   4 .
周波数計、電流計、回路計
( 第二種 電気工事士試験 平成25年度下期 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
力率とは「電力の効率」ということです。

電圧×電流=電力ですから電圧計と電流計だけで良いのではないかと思われるかもしれませんが、交流回路においてはコンデンサやコイルなどのいわゆるインピーダンスが抵抗としてはたらき、計算上の電力(皮相電力)とはずれてしまいます。これを有効電力といい皮相電力のうちの有効電力の割合を力率と言います。

よって答えは3です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
単相の場合、有効電力を求める式は、

有効電力[W]=電流[A]×電圧[V]×力率[cosθ]

となります。

力率は、電力と電流と電圧が分かれば求めることができます。

したがって、「3」が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
「3」が正答です。

単相交流負荷の力率は、電力を使った式で表します。
P:有効電力[W]、V:電圧[V]、I:電流[A]が分かれば求められます。

その式は、力率COSθ=P/V×Iです。

※V×I=皮相電力で、見かけの電力のことです。

従って、力率は、電圧計で電圧、電流計で電流、電力計で有効電力を測定すると求めることができます。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
まず力率を計測する際に周波数計を使う事はないので、それが含まれていない物が答えとなります。

よって答えは、「3」となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。