過去問.com

第二種電気工事士試験 平成25年度上期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

使用電圧200[V]の三相電動機回路の施工方法で、不適切なものは。

 1 . 
金属管工事に屋外用ビニル絶縁電線を使用した。
 2 . 
造営材に沿って取り付けた600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を2[m]以下とした。
 3 . 
乾燥した場所の金属管工事で、管の長さが3[m]なので金属管のD種接地工事を省略した。
 4 . 
2種金属製可とう電線管を用いた工事に600Vビニル絶縁電線を使用した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

屋外用ビニル絶縁電線は、OW電線と呼ばれ、主に架空配線として使われます。金属管工事で使用することはできません。
なお、支持点間隔について、造営材の側面、下面の場合、2m以下となっています。また、金属管工事の長さにおけるD種接地工事の省略条件は、4mとなっています。
したがって「1」が正解となります。

2016/04/23 22:02
ID : nmcbwpgvua
1

答えは「1」となります。

屋外用のビニル絶縁電線を用いる場合は、金属管工事は不適切となる事からとなります。
主にIV線を使用する事が多くなります。

2015/07/08 09:49
ID : xvnfwkmc
0

ビニル絶縁電線はIV線といい、Iはインドアの略ですから屋内用です。この時点で正解は1です。

HIV電線は二種ビニル絶縁電線(IV線より耐熱)です。他にもシースという言葉が入るものも、ビニル被覆の中にもう一つ被覆があることになります。

答えは1です。

2016/11/14 01:07
ID : vwtodshm
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。