第二種電気工事士の過去問
平成25年度上期
一般問題 問22

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (3件)

01

金属管工事、合成樹脂管工事(CD管を除く)、ケーブル工事は、施工場所を問わない工事となるのに対し、金属線ぴ工事は、乾燥した場所で、かつ露出場所か点検できる隠蔽場所のみの施工となります。
したがって、金属線ぴ工事は湿気のある場所での施工は認められておらず、「4」が正解となります。

参考になった数84

02

「1」「2」「3」共に、全て施工場所の制限はありません。

「4」の金属線ぴ工事は乾燥した場所にのみ施工できるとされているので、答えは「4」となります。

参考になった数19

03

この中では、金属線ぴ工事のみが乾燥した場所で点検可能な隠蔽工事になるので、4が答えです。

参考になった数15