過去問.com

第二種電気工事士試験 平成25年度上期    第二種電気工事士 過去問 | 無料の過去問題

問題

一般用電気工作物の適用を受けるものは。ただし、発電設備は低圧600[V]以下で、1構内に設置するものとする。

 1 . 
低圧受電で、受電電力30[kW]、出力15[kW]の太陽電池発電設備を備えた幼稚園
 2 . 
低圧受電で、受電電力30[kW]、出力20[kW]の非常用内燃力発電設備を備えた映画館
 3 . 
低圧受電で、受電電力30[kW]、出力40[kW]の太陽電池発電設備と電気的に接続した出力15[kW]の風力発電設備を備えた農園
 4 . 
高圧受電で、受電電力50[kW]の機械工場
この第二種電気工事士 過去問の解説(3件)
1

一般用工作物の定義に関して小出力発電の最大出力数の把握が必要となります。

4択の中では、太陽電池発電設備とそれ以外の発電設備がありますが、太陽電池発電設備以外のものは全て自家用電気工作物に含まれる形となりますので、答えは「1」か「3」と絞られます。

さらに太陽電池発電設備は出力が50kw未満という定義とされているので、「3」はそれぞれの出力を合計するとオーバーしてしまいます。

よって答えは「1」となります。

2015/07/10 10:25
ID : xvnfwkmc
付箋メモを残すことが出来ます。
1

低圧600V以下の発電用電気工作物では太陽光は出力50kW未満、風力及び水力は出力20kW未満、内燃力を原動力とするものは出力10kW未満であり、また出力の合計が50kW未満であれば一般用電気工作物です。

よって、2は出力20kWで×、4は高圧受電で×、3は出力の合計が55kWになるので×です。答えは1です。

2016/11/14 01:12
ID : vwtodshm
1

低圧受電での小出力発電において、太陽電池発電設備は、50KW未満まで一般用電気工作物として認められています。一方、内燃力発電設備は10KWを超えると自家用電気工作物になります。また、小出力発電設備が総量で50KW以上になる場合も自家用電気工作物になります。
したがって、「1」が正解となります。

2016/04/25 21:36
ID : nmcbwpgvua
border line
過去問.com 第二種電気工事士試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。