過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第10103問」を出題

問題

[ 設定等 ]
低圧三相誘導電動機に対して低圧進相コンデンサを並列に接続する目的は。
   1 .
電動機の振動を防ぐ。
   2 .
回路の力率を改善する。
   3 .
回転速度の変動を防ぐ。
   4 .
電源の周波数の変動を防ぐ。
( 第二種 電気工事士試験 平成24年度上期 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
答えは「2」となります。

ここでのポイントはコンデンサを取り付ける場所や目的がポイントとなってきます。

まず三相誘導電動機に取り付ける場合の場所は並列に取り付ける必要があります。

そして目的は電源側ではなく負荷側に取り付けることによって電力を有効に使えるようになる。つまり力率の改善に繋がると言うことになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
低圧進相コンデンサは、三相誘導電動機の力率を改善する役割を持ちます。電動機が接続されている遮断器2次側に並列に接続します。
したがって、「2」が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
三相の電動機を使用する際の注意点は2つ。
・三相誘導電動機の力率を改善するために、コンデンサを使用する
・コンデンサは手元開閉器の負荷側(誘導電動機側)に並列に取り付ける

直列では、コンデンサの役割を果たせません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。