過去問.com

第二種電気工事士試験 平成24年度上期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

使用電圧が低圧の電路において、絶縁抵抗の測定が困難であったため、使用電圧が加わった状態で漏えい電流により絶縁性能を確認した。「電気設備の技術基準の解釈」に定める絶縁性能を有していると判断できる漏えい電流の最大値[mA]は。

 1 . 
0.1
 2 . 
0.2
 3 . 
1
 4 . 
2
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

答えは「3」となります。

 ※電気設備の技術基準の解釈 第14条の中で、「使用電圧が低圧の電路であって、絶縁抵抗測定が困難な場合には、省令第58条に掲げる表の左欄に掲げる電路の使用電圧の区分に応じ、それぞれ漏えい電流を1mA以下に保つこと」と定められています。

2015/07/22 10:16
ID : xvnfwkmc
2

1mAは、必ず覚えましょう。

2015/05/04 22:57
ID : wsmpwgnp
0

「電気設備技術基準の解釈」において、線芯と大地間における漏洩電流は、電線の最大電流の1/2000を超えないこととされており、単相の場合は0.1MΩ、三相200Vの場合は0.2MΩ、三相400Vの場合は0.4MΩと決められていますが、電源を切断することができないために、絶縁抵抗測定ができない場合には、漏洩電流1mAを超えなければ、絶縁が保たれていると判断できるとしています。
したがって、「3」が正解となります。

2016/05/15 21:12
ID : nmcbwpgvua
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。