過去問.com

第二種電気工事士試験 平成23年度下期  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ビニル絶縁電線(単心)の導体の直径をD、長さをLとするとき、この電線の抵抗と許容電流に関する記述として、誤っているものは。

 1 . 
電線の抵抗は、Lに比例する。
 2 . 
電線の抵抗は、Dの2乗に反比例する。
 3 . 
許容電流は、周囲の温度が上昇すると、大きくなる。
 4 . 
許容電流は、Dが大きくなると、大きくなる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

電線の許容電流は、周囲温度が上昇すると小さくなります。電気エネルギーによる放熱の効率が悪くなるため、電線に流せる電流が少なくなります。
したがって、「3」が正解となります。

2016/05/15 22:17
ID : nmcbwpgvua
1

答えは「3」となります。

抵抗は長さに比例し直径に反比例するので、許容電流に置き換えると小さくなります。

2015/07/22 11:00
ID : xvnfwkmc
0

許容電流は、周辺温度が上昇すると,熱の放散が悪くなり小さくなるので誤りです。
R はL に比例し, 2D に反比例。
許容電流は,オームの法則によりRに反比例。

2015/05/05 11:02
ID : wsmpwgnp
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。