第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

第二種 電気工事士の過去問 第10134問 出題

問題

水銀灯に用いる安定器の使用目的は。
 1 . 
放電を安定させる。
 2 . 
力率を改善する。
 3 . 
雑音(電波障害)を防止する。
 4 . 
光束を増やす。

この第二種 電気工事士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
安定器は、ランプ内における放電を安定させるために使用されます。水銀灯のほか、蛍光灯でも使用されています。安定器なしで直接管球につなぐと管球または器具が破損してしまいます。
したがって、「1」が正解となります。
評価後のアイコン
2016/05/16 18:46
ID : nmcbwpgvua
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
答えは「1」となります。

安定器を取り付けないと、シール部や電極が破損してしまうので、適時制御させるために安定器が必要となっています。
評価後のアイコン
2015/07/23 22:52
ID : xvnfwkmc
評価する
1
評価しない
特性が負特性で、放電タイプのランプなので、安定期が必要です。
評価後のアイコン
2015/05/05 15:32
ID : wsmpwgnp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この第二種 電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。