過去問.com

第二種電気工事士試験 平成22年度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

金属管工事による低圧屋内配線の施工方法として、不適切なものは。

 1 . 
太さ25[mm]の薄鋼電線管に断面積8[mm²]の600Vビニル絶縁電線3本を引き入れた。
 2 . 
ボックス間の配管でノーマルベンドを使った屈曲箇所を2箇所設けた。
 3 . 
薄鋼電線管とアウトレットボックスとの接続部にロックナットを使用した。
 4 . 
太さ25[mm]の薄鋼電線管相互の接続にコンビネーションカップリングを使用した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

答えは「4」となります。

金属管工事でのコンビーネーションカップリングは、金属製電線菅と金属製可とう電線菅の接続で使用します。

2015/08/01 14:58
ID : xvnfwkmc
0

正解は(4)です。

(1)~(3)は適切です。

(4)のコンビネーションカップリングは、金属管とプリカチューブを接続するのに使用します。
なので、不適切です。

以上より、正解は(4)となります。

2015/07/25 15:37
ID : uocqmezxp
0

正解は 4 です。

コンビネーションカップリングは硬質ビニル管と合成樹脂可とう電線管の接続に使用します。

2015/05/11 22:08
ID : zrgzatnjfg
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。