過去問.com

第二種電気工事士試験 平成22年度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

住宅の屋内に三相200[V]のルームエアコンを施設した。工事方法として、適切なものは。
ただし、三相電源の対地電圧は200[V]で、ルームエアコン及び配線は人が容易に触れるおそれがないように施設するものとする。

 1 . 
定格消費電力が1.5[kW]のルームエアコンに供給する電路に、専用の配線用遮断器を取り付け、合成樹脂管工事で配線し、コンセントを使用してルームエアコンと接続した。
 2 . 
定格消費電力が1.5[kW]のルームエアコンに供給する電路に、専用の漏電遮断器を取り付け、合成樹脂管工事で配線し、ルームエアコンと直接接続した。
 3 . 
定格消費電力が2.5[kW]のルームエアコンに供給する電路に、専用の配線用遮断器を取り付け、金属管工事で配線し、コンセントを使用してルームエアコンと接続した。
 4 . 
定格消費電力が2.5[kW]のルームエアコンに供給する電路に、専用の配線用遮断器と漏電遮断器を取り付け、ケーブル工事で配線し、ルームエアコンと直接接続した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

答えは「4」となります。

まず漏電遮断機の設置が義務付けられているので、「2」か「4」に絞られます。
次に定格消費電力が2kW以上でなければ対地電圧が300V以下の工事が行えませんので「2」は除外となるので、「4」が正解となります。

2015/08/03 15:51
ID : xvnfwkmc
0

正解は(4)です。

住宅の対地電圧は150[V]以下と規定されています。
ただし、定格消費電力が2k[W]以上で施設する場合は下記の条件で300[V]以下に出来ます。

①使用電圧が300[V]以下
②人が触れる恐れがないように施設する
③直列接続する
④開閉器、配線用遮断器、漏電遮断器を施設する

以上より、(4)が正解となります。

2015/07/27 16:59
ID : uocqmezxp
0

正解は 4 です。

住宅の対地電圧は150V以下に制限されています。しかし、定格消費電力が2kW以上の場合は以下の例外があります。

①電気器具と直接接続する。
②対地電圧は300V以下。
③人が容易に触れるないように施設する。
④専用の配線用遮断器と漏電遮断器を取り付ける。

条件を全て満たすのは 4 なので、
正解は 4 になります。

2015/05/18 20:39
ID : zrgzatnjfg
border line
第二種電気工事士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。