過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種 電気工事士の過去問「第17811問」を出題

問題

店舗付き住宅の屋内に三相3線式200[V]、定格消費電力2.5[kW]のルームエアコンを施設した。このルームエアコンに電気を供給する電路の工事方法として、適切なものは。
ただし、配線は接触防護措置を施し、ルームエアコン外箱等の人がおそれのある部分は絶縁性のある材料で堅ろうに作られているものとする。
 1 . 
専用の過電流遮断器を施設し、合成樹脂管工事で配線し、コンセントを使用してルームエアコンと接続した。
 2 . 
専用の電磁接触器を施設し、金属管工事で配線し、ルームエアコンと直接接続した。
 3 . 
専用の配線用遮断器を施設し、金属管工事で配線し、コンセントを使用してルームエアコンと接続した。
 4 . 
専用の漏電遮断器(過負荷保護付)を施設し、ケーブル工事で配線し、ルームエアコンと直接接続した。
( 第二種 電気工事士試験 平成26年度上期 一般問題 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
6
評価しない
住宅の場合は、対地電圧150V以下に定められていますが、2KW以上の負荷の場合、コンセント等の途中接続を経由せずに、機器に直接接続する場合には、対地電圧150V以上300V以下に限り、専用の漏電遮断器を取り付ければ、使用可能となっています。
したがって、この条件をすべて満たす「4」が正解となります。
評価後のアイコン
2016/07/15 22:34
ID : nmcbwpgvua
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
答えは「4」となります。

150V以下で制限されている住宅の対地電圧は2kW以上の定格消費電力であり、規定の条件を満たしていれば、対地電圧を300V以下までにする事ができます。

その条件は幾つかありますが、まずコンセントを設けないという部分で、「1」と「3」は除外できます。

次に過電流遮断器や漏電遮断器を設けなければならないという部分で、「2」も除外され正解は「4」という事がわかります。

評価後のアイコン
2015/08/19 21:38
ID : xvnfwkmc
評価する
3
評価しない
正解は 4 です。

住宅の対地電圧は150V以下に制限されています。しかし、定格消費電力が2kW以上の場合は以下の例外があります。

①電気器具と直接接続する。
②対地電圧は300V以下。
③人が容易に触れるないように施設する。
④専用の配線用遮断器と漏電遮断器を取り付ける。

よって、以上を満たしている4が正解になります。
評価後のアイコン
2015/06/30 05:01
ID : zrgzatnjfg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第二種 電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。