過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第25358問」を出題

問題

[ 設定等 ]
図は、木造2階建住宅の配線図である。
⑰で示すボックス内の接続をすべて圧着接続とする時、使用するリングスリーブの種類と最少個数の組合せで、適切なものは。
ただし、使用する電線はVVF1.6とし、ボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けるものとする。

【注意】
1.屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケーブル工事である。
2.屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3.漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4.選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C0303:2000構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
問題文の画像
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 平成27年度下期 配線図 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
「3」が正答です。

まず電線の太さは、VVF1.6と書かれているので、全て1.6MMとなります。
複線図を書くと、VVFジョイントボックス内に電線を2本接続する箇所が1ヵ所、電線を4本接続する箇所が1ヵ所、電線を5本接続する箇所が1ヵ所あることが分かります。

リングスリーブの選定は規定より
1.6MMが2~4本までの接続は小スリーブを使用
1.6MMが5~6本までの接続は中スリーブを使用
となってるので、あてはめると小スリーブが2個、中スリーブが1個必要となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
複線図を書くとわかりやすいです。
結線の箇所数と本数としては

電源線のプラス側の結線として4本
電源線のマイナス側の結線として5本
スイッチから照明器具「コ」への結線として2本

となります。

問題文より「使用する電線は全てVVF1.6mm」とあります。
リングスリーブの「小」は
1.6mmが2~4本までとなっています
1.6mmが5~6本までは「中」のリングスリーブを使用しなければいけません。

なのでこの場合は
結線の本数が「2本」「4本」「5本」
ですので
「小」が2個
「中」が1個
を使用するという事になります。
よって正解は
【3】
となります。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
まずVVF1.6mmを5本圧着する必要があるので中のスリーブが必要になってきます。

これにより「1」と「2」は除外できます。

残りは多くても4本の圧着までとなるので単純に考えても中が二つも必要はありません。

よって答えは「3」となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。