過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第29007問」を出題

問題

[ 設定等 ]
電気工事の種類と、その工事で使用するエ具の組合せとして、適切なものは。
   1 .
金属線ぴ工事とボルトクリッパ
   2 .
合成樹脂管工事とパイプベンダ
   3 .
金属管工事とクリックボール
   4 .
バスダクト工事と圧着ペンチ
( 第二種 電気工事士試験 平成28年度上期 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
「3」が正答です。

クリックボールの先端にリーマを取り付けて金属管の面取りを行います。

1.のボトルクリッパは、太い電線やメッセンジャワイヤの切断に使われるものです。
2.のパイプベンダは、金属管の曲げに使用します。
4.の圧着ペンチは、リングスリーブの圧着や圧着端子の圧着に使用します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
ある程度の想像で解ける問題です。

「1」のボルトクリッパはワイヤなどの切断に使用する工具なので電線を通して配線する工事には使用しません。
「2」パイプベンダはそのままパイプを曲げる工具なので樹脂管工事には使用しません
「3」のクリックボールはまさに金属管工事に使用します。
「4」の圧着ペンチは端子やスリーブなどの接続に使用するので間違いです。

よって正解は「3」となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
[1] ×
ボルトクリッパは太い電線やボルト、ワイヤーなどを切断するときに使います。
  刃先が直線状になっていますので、金属線ぴ工事には使えません。
[2] ×
パイプベンダは細い金属管の曲げ作業に使います。
[3] 〇
  クリックボールは先端にきりや羽根ぎり、リーマやドリルビットなどを取り付けて
回転させながら穴あけや面取り、木材加工やバリ取り作業で使います。
金属管工事に使いますので正解です。
金属管の内側のバリ取りに作業にはリーマを使います。
[4] ×
  圧着端子に太い電線を圧着接続するときや、
圧着スリーブで厚い電線を接続するときに使います。

正解は[3」となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。