過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第29019問」を出題

問題

[ 設定等 ]




店舗付き住宅に三相200V、定格消費電カ2.8kWのルームエアコンを施設する屋内配線工事の方法として、不適切なものは。
 1 . 
電路には漏電遮断器を施設する。
 2 . 
電路には専用の配線用遮断器を施設する。
 3 . 
屋内配線には、簡易接触防護措置を施す。
 4 . 
ルームエアコンは屋内配線とコンセントで接続する。
( 第二種 電気工事士試験 平成28年度上期 一般問題 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
[4」が正解です。

[1]~[3]はすべて〇
[4]が不適切…コンセントに直接接続できません

住宅の屋内配線工事では、
屋内電路の対地電圧は原則150(V)以下
例外として、300(V)以下とできるのは、
定格2(kW)以上の電気機械器具に専用の屋内配線をする場合で、
人が容易に触れるおそれのないよう専用の開閉器などを施設する必要があります。
この場合の接続方法は、
電気機械器具との直接接続ですので、コンセントによる接続はできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
2kw以上の場合は、電気機器は屋内配線と直接接続しなければならないので「4」のコンセントで接続しているのは不適切となります。

よって答えは「4」となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
「4」が正答です。

本来住宅の屋内電路の対地電圧は150V以下にしなければなりません。
しかし、屋内配線と電気機器を直接接続することで、対地電圧を300V以下まで許容することが許されています。
三相200Vは対地電圧300V以下なので、コンセントと接続していることは不適切となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。