過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第29074問」を出題

問題

[ 設定等 ]
電気工事士法において、第二種電気工事士免状の交付を受けている者であっても従事できない電気工事の作業は。
   1 .
自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備)の地中電線用の管を設置する作業
   2 .
自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備)の低圧部分の電線相互を接続する作業
   3 .
一般用電気工作物の接地工事の作業
   4 .
一般用電気工作物のネオン工事の作業
( 第二種 電気工事士試験 平成28年度下期 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
「2」が正答です。

第二種電気工事士は一般電気工作物の工事のみに従事することができる為、3、4は従事可能。
1.は電気工事士でなくても従事可能。
従って2が従事できない電気工事となります。
2.は第一種電気工事士もしくは認定電気工事従事者のみが従事できる工事となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
「1」「3」「4」は可能ですが、「2」の低圧部分の電線相互の接続工事は第1種電気工事士か認定電気工事士でなければ施工できません。

よって答えは「2」となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
電気工事士法についての問題です。

1.正しいです。自家用電気工作物の電気工事作業は、第二種電気工事士免状では行うことができません。しかしながら、地中電線用の管を設置する作業は、電気工事作業ではないので、誰でも行うことができます。

2.誤りです。自家用電気工作物の電気工事作業は、第二種電気工事士免状では行うことができません。

3.正しいです。一般用電気工作物の電気工事作業は、第二種電気工事士免状で行うことができます。

4.正しいです。一般用電気工作物の電気工事作業は、第二種電気工事士免状で行うことができます。ただし、ネオン工事は特殊電気工事に該当する場合があります。この場合は、他の資格が必要になります。

ゆえに正解は2番です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。