過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第51792問」を出題

問題

[ 設定等 ]
低圧の屋内電路に使用する次のもののうち、特定電気用品の組合せとして、正しいものは。

A:定格電圧100V、定格電流20Aの漏電遮断器
B:定格電圧100V、定格消費電力25Wの換気扇
C:定格電圧600V、導体の太さ(直径)2.0mmの3心ビニル絶縁ビニルシースケーブル
D:内径16mmの合成樹脂製可とう電線管(PF管)
   1 .
A及びB
   2 .
A及びC
   3 .
B及びD
   4 .
C及びD
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
特定電気用品は110品目以上あり、一つ一つ覚えるのは大変ですが、簡単に言うと「電気配線工事をするうえで重要なもの」と考えるとわかりやすいです。

A.漏電遮断器
 重要です。これは該当します。

B.換気扇
 電気配線工事には使いません。
 配線した後に取り付けるものです。

C.3心ビニル絶縁ビニルシースケーブル
 ケーブルがないと配線工事ができません。
 大半のコードやケーブルは該当します。

D.合成樹脂製可とう電線管
 クニャクニャ曲がって、あっさりナイフで切れる管です。配線保護に使いますが、使用しなくても配線工事はできます。

よってAとCが該当し、答えは2です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1:×
2:○
3:×
4:×

A:定格電圧100V以上300V以下、定格電流100A以下の漏電遮断器は特定電気用品です。
B:換気扇は特定電気用品ではありません。
C:公称断面積22mm2以下、線心7本以下で外装がゴム又は合成樹脂のケーブルは特定電気用品となります。
D:電線管類は特定電気用品以外の電気用品となります。

よって、正しい組合せはAとCとなり、2が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2です。

特定電気用品とは、構造や使用の方法から危険の恐れが高い電気製品を指定しているものです。

問題のAやCにある換気扇や合成樹脂可とう電線管は含まれていません。

漏電遮断器の場合、定格電流が100A以下(電動機用のものは定格容量が12kW以下)のものが特定電気用品に該当します。

またケーブルの場合、断面積が22mm2以下で、7心以下および外装がゴムのものが特定電気用品に該当します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。