過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第51826問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ねじなし電線管の曲げ加工に使用するエ具は。
   1 .
トーチランプ
   2 .
ディスクグラインダ
   3 .
パイプレンチ
   4 .
パイプベンダ
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午後 一般問題 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
正解は4です。

パイプベンダは、ねじなし電線管などの金属管を溝に挟み込んで曲げ加工するための工具です。


以下、他の選択肢について概述します。

トーチランプとは小型のガスボンベを使い携帯できるようにした小型のバーナーのことです。
電気工事では塩ビ配管を曲げたり、ロウ付けの際に使用します。

ディスクグラインダとは砥石のついた円盤を回転させることで切断や研磨を行なう工具です。

パイプレンチとは、パイプを掴むレンチであり、パイプそのものを回転させたりネジを取り付けるために使用します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1:×
2:×
3:×
4:○

ねじなし電線管の曲げ加工に使用するエ具はパイプベンダです。
パイプベンダ(Pipe bender)のbendは曲げるという意味ですので、こちらからも予測できます。
正解は4となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1のトーチランプは、硬質塩化ビニル管を、火で加熱し、柔らかくする道具です。

2のディスクグラインダは、金属管の切断や研磨をする電動工具です。

3のパイプレンチは、金属管にカップリングなどを締め付けるときに使用する工具です。

4のパイプベンダは、金属管の曲げ加工に使用する工具です。
パイプをBend(曲げる)ものでBenderです。

よって正解は4です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。