過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成25年度下期 一般問題 問13

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
問題文の画像
   1 .
金属管工事で電線の引き入れを容易にするのに用いる。
   2 .
配線用遮断器を集合して設置するのに用いる。
   3 .
金属管工事で電線相互を接続する部分に用いる。
   4 .
照明器具などを取り付ける部分で電線を引き出す場合に用いる。
( 第二種 電気工事士試験 平成25年度下期 問13 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (5件)

71
「2」が正答です。
アウトレットボックス(金属製)は、電線管に電線を通し、電線を接続する場所で使用します。
この問題のポイントは、電線を接続する場所で使用されることです。
また、アウトレットボックス内への電線の引き込み及び器具等への電線の引き出しをする時に使用します。

配線用遮断器を集合して設置するものは、分電盤のことであり、アウトレットボックスを使用することはありません。

付箋メモを残すことが出来ます。
21
アウトレットボックスの用途は主に2つあります。

●電線管工事やケーブル工事における電線・ケーブルのジョイントボックスとして使用
●スイッチやコンセントなどの配線器具の裏に取り付け、器具への接続や配線器具の固定などに使用

配線用遮断器はいわゆるブレーカーで、アウトレットボックスの中には取り付けることはできません。
配線用遮断器の多くは分電盤の中で使用されています。

したがって「2」が正解となります。

17
アウトレットボックスは、以下の使い方が一般的です。
●配線器具取付位置への壁内裏ボックスとしての使用
●ケーブル、電線のジョイントボックスとしての使用

配線用遮断器を集合して設置するのは分電盤であり、アウトレットボックスの役割ではありません。
したがって、「2」が正解となります。

10
アウトレットボックスとは結線した部分が壁に触れたりしないように、また小さい経の管の中では結線しにくいので引き出して結線しやすいように使います。

この問題の中の配線用遮断機とはブレーカーのことであり、ブレーカーは分電盤の中で使いますから、2が不適切であるということになります。

9
配線用遮断機の設置に使用するのは主に分電盤となりますので・・

答えは「2」となります。

 ※アウトレットボックスは一般的には16~28mmの小径の電線の引き込みや引き出しなどに使用されます。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。