過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成23年度下期 一般問題 問1

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
ビニル絶縁電線(単心)の導体の直径をD、長さをLとするとき、この電線の抵抗と許容電流に関する記述として、誤っているものは。
   1 .
電線の抵抗は、Lに比例する。
   2 .
電線の抵抗は、Dの2乗に反比例する。
   3 .
許容電流は、周囲の温度が上昇すると、大きくなる。
   4 .
許容電流は、Dが大きくなると、大きくなる。
( 第二種 電気工事士試験 平成23年度下期 問1 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
28
評価しない
電線の許容電流は、周囲温度が上昇すると小さくなります。電気エネルギーによる放熱の効率が悪くなるため、電線に流せる電流が少なくなります。
したがって、「3」が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
許容電流は、周辺温度が上昇すると,熱の放散が悪くなり小さくなるので誤りです。
R はL に比例し, 2D に反比例。
許容電流は,オームの法則によりRに反比例。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
答えは「3」となります。

抵抗は長さに比例し直径に反比例するので、許容電流に置き換えると小さくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。