第二種電気工事士の過去問
平成23年度下期
一般問題 問20

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (3件)

01

D種接地工事の場合、乾燥した場所であれば、

「1」長さ4m以下であれば、金属管施工で接地は省略可能です。
「2」コンクリートには絶縁性がないので、金属製外箱への接地は省略できません。
「3」木製床は絶縁性があるので、接地は省略可能です。
「4」長さ8m以下の場合、対地電圧が150V以下であれば接地は省略可能です。

したがって、「2」が正解となります。

参考になった数59

02

乾燥した場所は基本的にはD種接地工事を省略できますが、コンクリートの床は省略不可です。

参考になった数14

03

答えは「2」となります。

乾燥しているという条件は問題ないのですが、さらにコンクリートであるという部分が、絶縁性がない状態となるので省略する事が出来ないとされています。

参考になった数12