過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成21年度 一般問題 問28

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
電気工事業の業務の適正化に関する法律に定める内容に、適合していないものは。
   1 .
一般用電気工事の業務を行う登録電気工事業者は、第一種電気工事士又は第二種電気工事士免状の取得後電気工事に関し3年以上の実務経験を有する第二種電気工事士を、その業務を行う営業所ごとに、主任電気工事士として置かなければならない。
   2 .
電気工事業者は、営業所ごとに帳簿を備え、経済産業省令で定める事項を記載し、5年間保存しなければならない。
   3 .
登録電気工事業者の登録の有効期限は7年であり、有効期間の満了後引き続き電気工事業を営もうとする者は、更新の登録を受けれなければならない。
   4 .
一般用電気工事の業務を行う電気工事業者は、営業所ごとに、絶縁抵抗計、接地抵抗計並びに抵抗及び交流電圧を測定することができる回路計を備えなければならない。
( 第二種 電気工事士試験 平成21年度 問28 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
35
評価しない
正解は 3 です。

登録電気工事業者は5年ごとに登録を更新しなければいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は(3)です。

「有効期限7年」とありますが、正しくは「有効期限5年」です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
答えは「3」となります。

正しくは、「有効期限は5年」が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。