過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成26年度上期 一般問題 問16

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
写真に示す材料の用途は。
問題文の画像
   1 .
硬質塩化ビニル電線管相互を接続するのに用いる。
   2 .
鋼製電線管と合成樹脂製可とう電線管とを接続するのに用いる。
   3 .
合成樹脂製可とう電線管相互を接続するのに用いる。
   4 .
合成樹脂製可とう電線管と硬質塩化ビニル電線管とを接続するのに用いる。
( 第二種 電気工事士試験 平成26年度上期 一般問題 問16 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
44
評価しない
答えは「3」となります。

両方の差し込み口とも同じ形状なので、電線管相互の接続という事が分かると思います。

ここで「1」か「3」に絞る事ができ、合成樹脂製可とう電線管は自由に曲げる事ができるPF管なので、受け口となるカップリングもその柔軟さが必要となる素材で出来ています。

よって「3」が正解となります。

「1」の硬質塩化ビニル電線管相互の接続に用いるTSカップリングは見た目も固い印象を与える材質となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
合成樹脂製可とう電線管(PF管)相互を接続するカップリングとなります。
したがって、「3」が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は 3 です。

写真に示す材料は合成樹脂製可とう電線管用カップリングです。
合成樹脂製可とう電線管相互を接続するのに使用します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。