第二種電気工事士の過去問
平成28年度上期
一般問題 問4

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

第二種 電気工事士試験 平成28年度上期 一般問題 問4 (訂正依頼・報告はこちら)

電線の接続不良により、接続点の接触抵抗が0.2Ωとなった。この電線に15Aの電流が流れると、接続点から1時間に発生する熱量[ kJ ]は。
ただし、接触抵抗の値は変化しないものとする。

次の問題へ

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (3件)

01

P=VIの式を算出する前に電圧を算出します
V=IR=0.2×15=3V

次に電力を算出します
P=VI=3×15=45W

次に熱量算出するためにQ=Ptの式を使用します
Q=45×3600=162000W・t
単位はkW・tなのでkW・t換算して162kW・t

よって答えは「4」となります

参考になった数48

02

「4」が正答です。

まず発熱量の式にそれぞれの値を代入して求めます。
発熱量の式・・・H=Iの2乗×R×t [j]
I=電流、R=抵抗、t=時間(秒)
H=15の2乗×0.2×3600(1時間は3600秒)
=162,000
問題はkjで問われているので、換算すると162となります。

参考になった数11

03

①接続点の発生電力は

電圧[V]=電流I×抵抗R
15×0.2=3V

電力P[W]=電圧V×電流I
3×15=45W=0.045kW

よって、1時間の電力量は

W=Pt=0.045×1=0.045kWh

②熱量へ換算します

Q=Pt
60×60×0.045=162kJ

つまり、「4」162が正解です。




参考になった数8