過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成30年度下期 一般問題 問29

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
電気用品安全法において、特定電気用品の適用を受けるものは。
   1 .
消費電力40Wの蛍光ランプ
   2 .
外径19mmの金属製電線管
   3 .
消費電力30Wの換気扇
   4 .
定格電流20Aの配線用遮断器
( 第二種 電気工事士試験 平成30年度下期 一般問題 問29 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
19
評価しない
「4」が正答です。

定格電流100A以下の配線用遮断器は特定電気用品に該当します。

多くの品目が該当しますが、暗記問題のためしっかりと覚えておく必要があります。

配線用遮断器以外に特定電気用品に該当するものとしては、

・絶縁電線 ・ケーブル ・タンブラスイッチ ・漏電遮断器などがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
電気用品安全法に関する問題です。

特定電気用品とは「危険または障害の発生するおそれの高い電気用品」のことを指します。具体的には、電線や遮断機類、直接人体に触れるような機器などです。したがって、正解は4番の定格電流20Aの配線用遮断器です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は4です。

この問題は出題科目「一般用電気工作物の保安に関する法令」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯電気用品安全法の特定電気用品を暗記している。

電気用品安全法は、電気用品による危険、障害の発生を防ぐための法律です。

およそ450品目以上が電気用品として指定されています。

指定された電気用品の中でも、特に安全上の規制があるものを「特定電気用品」といい、それ以外の電気用品を「特定電気用品以外の電気用品」といいます。

この2つの違いを示すそれぞれのマークもあります。

電気用品安全法の内容を理解し、適正な電気用品を選定して電気工事をします。

解答1は特定電気用品の適用を受けません。

解答2は特定電気用品の適用を受けません。

解答3は特定電気用品の適用を受けません。

解答4は100A以下の配線用遮断器は特定電気用品のため、適用を受けます。

よって正解は4になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。