過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和2年度下期 午前 一般問題 問10

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
低圧屋内配線の分岐回路の設計で、配線用遮断器、分岐回路の電線の太さ及びコンセントの組合せとして、適切なものは。
ただし、分岐点から配線用遮断器までは3m、配線用遮断器からコンセントまでは8mとし、電線の数値は分岐回路の電線(軟銅線)の太さを示す。また、コンセントは兼用コンセントではないものとする。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 第二種 電気工事士試験 令和2年度下期 午前 一般問題 問10 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
23
評価しない

分岐回路の電流≧過電流遮断器の定格電流なので

コンセントの定格電流は分岐回路の電流と同じか、10A低い値までとしなければなりません。

また、電線太さは

 15Aの回路で1.6mm以上または2sq以上

 20Aの回路で2.0mm以上

 30Aの回路で2.6mm以上または5.5sq以上

 40Aの回路で8.0sq以上

 50Aの回路で14sq以上

としなければなりません。

1は遮断器の定格に対して、コンセントの定格が大きすぎるため間違いです。

2は遮断器の定格に対して、ケーブルが細いため間違いです。

3は遮断器の定格に対して、コンセントの定格が小さい(遮断器定格が大きすぎて保護できない)ため間違いです。

4は遮断器の定格に対して、ケーブルもコンセントも問題ないため、正しいです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

正解は4です。

この問題は出題科目「配電理論及び配線設計」からの出題です。

この問題では下記の知識を求められています。

<必要知識>

◯分岐回路設計において、過電流遮断器の定格電流値ごとに定められている

コンセントの定格電流値、及び電線の太さの数値を暗記している。

教科書には必ず分岐回路設計に必要な分岐回路の種類ごとに定められた、

コンセントの定格電流値、電線の太さの表が記載されています。

この内容を暗記し、安全な分岐回路設計を行いましょう。

それでは上記の必要知識を使って問題を解いていきます。

解答1は、配線用遮断器の定格電流が20[A]のため、

使用可能な電線の太さは直径1.6[mm]以上、

コンセントの定格電流値は20[A]以下でなければならず不適切です。

解答2は、配線用遮断器の定格電流が30[A]のため、

使用可能な電線の太さは直径2.6[mm]以上必要になり不適切です。

解答3は、配線用遮断器の定格電流が30[A]のため、

使用可能な電線の太さは直径2.6[mm]以上、

コンセントの定格電流値は20[A]以下でなければならず不適切です。

解答4は、配線用遮断器の定格電流が50[A]のため、

使用可能な電線の太さは断面積14[mm]以上、

コンセントの定格電流値は40~50[A]以下で適切です。

よって正解は4になります。

評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は4です。

屋内配線の分岐回路で、配線用遮断器の定格に合わせて使用できる電線の太さとコンセントが規定されています。

問題文にあるような基本的な前提条件を満たした上で、1・2・3が間違った組み合わせである理由を以下に概述します。


1:配線用遮断器20Aに対して、コンセントの定格が大きすぎます。

配線用遮断器定格が20Aであれば、20Aのコンセントしか接続できません。


2:配線用遮断器30Aに対して、電線の太さが不足しています。

配線用遮断器定格が30Aであれば、軟銅線2.6mm以上でなければなりません。


3:配線用遮断器30Aに対して、コンセントの定格が小さすぎます。

配線用遮断器定格が30Aであれば、コンセントは20A以上30A以下のものしか接続できません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。